東京大学がんプロフェッショナル養成プラン

合同セミナーを開催します『がんと栄養・代謝』(東京大学2018年12月06日)

日時:12月6日(木)19:00開始
場所:東大病院 中央診療棟II 7F 大会議室

演題:がんと栄養・代謝
演者:中川勇人(東京大学消化器内科)
概要:
最近のメタボロミクス解析をはじめとしたオミックス解析の進歩によって、癌と栄養・代謝の関係は今までにないほど注目を集めている。例えば、癌細胞は周囲の環境に適応しかつ自身の成長に有利な状況を作り出すため、正常細胞とは異なった固有の代謝変化、いわゆる“metabolic
reprogramming”が生じており、さらにその代謝変化によって“oncometabolite”と称される代謝産物を蓄積し、自ら癌を促進させていることが明らかとなってきた。一方過栄養および肥満によって生じる全身性炎症やインスリン抵抗性、腸内細菌叢の変化などは、癌微小環境を様々な形で修飾し、その進展を促進することもわかってきた。すなわち癌細胞の内外で生じる栄養・代謝の変化はその発症・進展に大きな影響を及ぼしており、特に変異遺伝子や細胞内シグナルを標的とするような薬剤が効果を発揮しにくい癌種においては治療標的の一つとしても注目されている。そこで本セミナーでは、癌と栄養・代謝研究の現状について、特に自身の研究テーマである肝胆道癌を中心に概説したい。

2018/10/29